ポポッコの悪戯心

ポケモンを少々

【シーズン9】プリテーエルフリザY【最高2016最終1929】

はじめに

f:id:popocckoitazuragokoro:20180515192147p:plain

初めまして。ポポッコです。

エルフーン入りでレート2000を達成した旨をツイートしたところ、普段せいぜい3いいねのところを今回50いいねもいただけたので、せっかくだから構築記事を書こうと思った単純な人です。よろしくお願いします。

TN:エルフゥン S9 最高2016   最終1929

以下常体

 

構築経緯

今期はエルフーンでも使ってみたいなあと漠然と思っていた。とある仲間大会で対戦相手に使われた悪Zおきみやげ(死に出しポケモンのHPを全回復させる)エルフーンが使いたかったので、早速エースとなるポケモンを探した。

特殊高火力を押し付けるリザYテテフ構築が面白そう!と思いリザY、眼鏡テテフを入れることにした。この火力を追い風下で動かせたら強いだろう、せっかくだからどっちも出したいのでリザYで追い風、テテフで暴れてエルフーンの追い風+悪Z置き土産でどっちかを再展開できたら楽しそう!

 

 

 

 

 

・・・と、頭お花畑なことを考えていた。なお襷やミミッキュで止まりまくったので速攻で解体した。

 

7世代においていたずらごころの変化技はサイコメーカーと悪タイプに無効化されるという弱体化。これに伴いエルフーンはレート環境からそっと数を減らした。

しかしここで、さっきの並びを使ったことにより、あることに気がつく。

 

エルフーン・・・夢特性ようりょくそ・・・?成長覚えるしエースにできないかな・・・??」

頭お花畑な発想パート2であった。

本当に使えるのかも半信半疑だったが、思い立ったら吉日、ウルトラサンで呼び出し連鎖ですりぬけ、いたずらごころの判定をしながらなんとか夢モンメンをゲットしてきた(左右どっちが攻撃したかわからないので判定しんどすぎぃ!)。←後々気づいたがエフェクトスキップしなければいい話だった


とまあ偶然にもリザYエルフーンの並びができた。f:id:popocckoitazuragokoro:20180515192640p:plainf:id:popocckoitazuragokoro:20180515192614p:plain
 さて残りの4体だが、

ステロから展開したく、リザのいる都合上相手にはステロを撒かれたくなかったのでちょうはつプテラを採用。f:id:popocckoitazuragokoro:20180515192734p:plain

特殊受けが重そうだったのでバシャーモf:id:popocckoitazuragokoro:20180515192830p:plain
ミミッキュに強く耐性の優秀なドリュウズf:id:popocckoitazuragokoro:20180515192909p:plain


受けルを崩したかったのでカプ・テテフf:id:popocckoitazuragokoro:20180515192953p:plain


を入れて完成。

最後適当にではなく、血迷ってゴツメ精神力カイリューを育成したぐらいには試行錯誤の末たどり着いた構築なのでそこんとこよろしく。ちなみにあのムー〇ンは対面しないとガルーラは愚かミミロップにも勝てない。

ではそれぞれの型紹介を。

 

パーティー紹介

プテラ@気合の襷

 

特性:プレッシャー

性格:ようき

155-157(252)-85-*-96(4)-200(252)

技構成:ストーンエッジ/挑発/ステルスロック/追い風

 

優秀な起点作り。プレッシャーでスカーフ判定をしつつステロを撒くお仕事人。相手にステロを撒かせず一方的にステロを撒いていける・・・はずだった。というのも、PGLランキング1位に君臨する爺さんにはどうしても択が発生した。挑発から入ると、がんぷうがんぷうで何もできずにやられてしまう。B方面ペラッペラ。なので相手のパーティー次第ではあるが、初手対面したら高速で追い風を選択し、相手の思考時間の長さでステロ持ちかどうか判別、挑発するかステロを撒くかを選ぶという高等プレイングをしていた(どや顔)。

 

・・・嘘つきました、びびってほとんど挑発押してません。パーティーを見てステロを甘んじて受け入れることも多かったのでこのポケモンの採用理由はよくわからなくなっていた。

カバは挑発でOK、じしんワンウエポンのカバは対あり。

コケコとかはメガ警戒で引いてくることも多々あったので脳死ステロ安定だった。引き先がカバだったら対あ(ry

ゲッコウガには散々苦しめられた。ステロを撒いて退場。スカーフ岩雪崩怯みと初手水手裏剣5発はDSを投げることで対策をした。

がんせきふうじも悪くないが、ワンウエポンである以上個人的には火力のでるエッジが優先されると考えている。よく外すので迷ったらステロを押す。

余談だが、夢特性の緊張感では素早さ判定ができない。決して知らずに使っていたのではない。いらなくなったからって友達にあげたわけでもないからな??

選出率:2位

 

リザードンリザードナイトY

 

特性:もうか→ひでり

性格:ひかえめ

メガ前:185(252)-84-113(116)-156(100)-106(4)-125(36)

メガ後:185(252)-104-113(116)-211(100)-136(4)-125(36)

技構成:大文字/ソーラービーム/めざめるパワー氷/ニトロチャージ

 

 HB: 特化マンダのすてみ耐え

 C:無振りガブをめざ氷で確定1発

 S:最速テッカグヤ抜き

 

この構築の軸。対面性能の塊である。流行りのカバマンダガルドに強い。ステロ込みめざ氷でマンダを飛ばし、ミミッキュもZシャドークロー+影うちを耐えるので、対面ならニトチャ文字で勝てる。基本的にはこのポケモンで文字を撃っているだけで試合が進んでいる。

ランドやゲッコウガクラスのがんぷうは乱数だが、グロスのがんぷうは耐えるので安心(2回程グロスに岩雪崩されたのは内緒)。バンギラスヒードランが嬉しそうに出てくるので一時期じしんを採用していたが、エースとしての性能が落ちるので裏に任せることにした。

晴れのターン管理を意識したり、カバがいる場合などは特にメガシンカのタイミングを慎重に行った。ニトチャでゲッコウガを抜かせないので、ニトチャニトチャで身代わり破壊、激流Zをかわすことができたのは美味しい。なお、抜かせないことは相手には分からないので99%水手裏剣を使ってきた。はったりニトチャから入るのが良い。アシレーヌは激流Zで飛ばされるのでイキリ大文字から入る。

選出率:1位

 

エルフーン@フェアリーZ

 

特性:ようりょくそ

性格:控え目

135-*-106(4)-141(252)-95-168(252)

技構成:ムーンフォース/ソーラービーム/成長/追い風

 

C:ムーンフォースZで無振りコケコ等を確定1発

S:最速100族抜き

 

かわいい。最初HCで使っていたが、実数値136*2=272では抜けないやつらがいた。スカーフゲッコウガ、S↑アーゴヨンである。完全に余談だが、軽業ペロリームは最速で136なのでここら辺を抜かせない。

素早さは、晴れ下でなんと驚異の336。スカーフコケコもびっくりの数値。晴れが消えても動けるようにCSまで振り切った。余りは岩雪崩等の乱数が動くBに振った。

Zムーンフォースで無振りコケコやカミツルギメガルカリオ程度なら確定1発である。アーゴヨンにビーストブーストされ、相手に対ありまで言わせておいて逆転できる最強ポケモンかわいい。

流行りのカバマンダ軸にとても強く出られました。

ちなみにこの構築、バシャーモエルフーンで見ていた。

アンコールはされてから引けばいいと思われがちなので積極的にいけば最低でもフレドラの反動込みで1-1には持っていける。晴れを切らしにくる相手には追い風で対応。

アンコールやどみがで逆転される可能性をケアされがちなので、そこを上手く突いていけるのがこのポケモンの強みだろう。何より意表がつける。という言葉がこれほどまでに似合うポケモンはいるだろうか、、、(そもそもエルフーン夢特性葉緑素ってこと知らないかも!?)

完全なエース採用をするならめざ炎や地も一考。

ランドロスはがんぷう貰っても素早さに問題無いので成長の起点にでき大☆爆☆発

...( ;∀;)カワイイ

選出率:3位

 

バシャーモ@炎Z

 

特性:かそく

性格:陽気

155-172(252)-90-*-91(4)-145(252)

技構成:フレアドライブ/けたぐり/守る/剣の舞

 

エルフーンが通らないパーティーに出す。剣舞晴れ炎Zの火力は特化レヒレをステロ込みで大抵倒せる。リザバシャのおかげで相手が鋼を雑に扱ってくるので、エルフーンが通しやすくなる。

 膝はひたすらジャンピング土下座してるだけだったので一時期解雇したが、カビゴンなどが重かったのでけたぐりにして戻ってきた。対象は重いのが多く、受け思考のポリゴン2もそこまで重くないので変えて正解だった。

雷パンチは結局火力が足りないので今回はやめた。剣の舞+守るは単純に使いやすかったと思う。130族を考慮すると陽気が使いやすかったが、意地っ張りの火力も欲しいときはある。最速バンギヒードランや準速ドリュウズに勝てる点は良かった。

選出率:4位

 

ドリュウズ@拘りスカーフ

 

特性:かたやぶり

性格:陽気

187(12)-180(196)-81(4)-*-95(76)-149(220)

技構成:アイアンヘッド/地震/岩雪崩/つのドリル

 

チョッキ個体の流用。準速ミミッキュ抜きだが普通にAS推奨。

最後の掃除要因。ウツロイドで壊滅するのでこの枠は不可欠だった。ミミッキュが選出されがちなので刺さることが多い。打ち分けたくてフィラを持たせていたが、友人に役割的にスカーフか襷に変えた方が良いと言われ、変えてみるとやはり扱いやすくなった。感謝しかない。ラス1でもドリルでワンチャンが残せるのはでかい。ミミッキュに襷ドレパンされたときは泣きました。最強のミミッキュ対策でミミッキュに勝てないなんて笑えますね(このあと滅茶苦茶ステロした)。

選出率:5位

 

カプ・テテフエスパーZ

 

特性:サイコメイカ

性格:臆病

146(4)-*-95-163(252)-135-161(252)

技構成:サイコショック/瞑想/シャドーボール/気合玉

 

陰のMVP。受けル、受けサイクルを全て一人で倒してくれる。

有利対面に無償降臨させて瞑想を積むだけで、誰も止められなくなる。瞑想+超Zでクチートが吹き飛んだときはさすがに引いた。実質フィールド下なのでカプ・ブルルさんも飛ぶ。

最速なのはグライオン意識。主にラッキー系、バンギ系、ブルドヒ、クレセドランマリルリ等のリザバシャで崩せないところに滅茶苦茶刺さった。瞑想である程度トリルへのごまかしにもなった。パーティー内に3Zとなってしまったが、選出の都合上窮屈には感じず、必要な時に確実にパワーを出せるのが良かった。

パーティーにいるだけでガルーラの猫だましを牽制できたのも何気に美味かった。

ちなみに瞑想Zは下がった能力を戻すだけ。

選出率6位

 

選出

基本的には

プテラ+リザ+エルフーンorバシャーモ

ステロを撒いて順番に制圧していく。

ミミッキュをリザで見るにはリザが過労死すると思ったときや、単純にドリュウズが通っているときは

リザ+エルフーンドリュウズなど。

少しサイクル戦になる。

受け気味の構築には

プテラ+バシャ+カプ・テテフなど。

テテフを有利対面に無償降臨できればだいたい崩せます。

 

重い相手

ポリクチミミガッサ・・・じゃんけんで勝ってコイントスで勝たないと勝てない。

ゲッコウガ・・・プテラが石撒くだけで終わる。

初手襷持ち+岩石封じ・・・岩の一貫がやばいのできつい。キノガッサドリュウズ、バシャ、ランド、ゴウカザルなど。読めたら追い風から入りたい。以下敬体

終わりに

今期はインフレシーズンだったのでもう少し上を目指していたのですが、命中不安技がメインだったため、自分はここが限界でした。皆様お疲れ様です。

 

葉緑素エルフーンの使用率をS8→S9で2.1%→6.9%と上げてしまいました。すりぬけも6.6%→6.2%と一定数存在していて、なかなか色々な動きができる面白い子です。今後とも是非上手く活躍させてあげたいですね。

構築名は

テラ

ュウズ

カプテフ

バシャ

エルフーン

リザードンY

です。さっき思いつきました。

エルフーンと並んでるリザードンはYですよ。いいですね?(来期リザX使う顔)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

高レートを目指す構築の組み方

はじめに

構築記事を読み漁っていると、こんな文とよく出会いました。構築経緯「こいつを使いたかったから、こいつ入れてこいつ入れて...完成!」。まるで魔法のようにできあがるパーティー。なぜそのようなことができるのかというと、彼らはその豊富な経験を活かし、どう組めばどう作用するのかが手に取るように分かってしまうからなのです。私にはそんなことはできません。

この記事は、ポケモン対戦で上を目指してはいるものの、なかなかレート1900、2000に到達するのは厳しいなあと感じている方に向けて、自分なりのパーティーの組み方を紹介します。

そういう私も目標は2100のまだまだ小物、日々精進している身ですので、温かい目で読んでくださると幸いです。

 

 

軸となるギミックを決める

ここではポケモンを2体決めます。

まずあなたがパーティーを組むにあたり、どのようなギミックを使いたいのか考えてください。ここでギミックと言っているのはパーティーを組むのが円滑になるからです。使いたいポケモンがいればそのポケモンにどういう役割を持たせたいのか。そこから考えると自ずと決まってくるでしょう。コケコランドのようにサイクルを回したいのか、ポリクチのようにトリル貼って暴れるのか。カバでステロ展開するのか等々。ここでは思い切って2体セットというイメージでポケモンを選んでみてください。あなたの使いたいギミックが一体で完結している場合は、その一体の都合が悪い相手への引き先となるポケモンを選んでみてください。技と持ち物もある程度決めておいてください。

ここで注意して欲しいことは、そのギミックが環境にささっているのかどうかを気にしてください。私はS8終盤にダブルバトルで、レヒレ+エルフーンで並べてミストフィールド下ノーマルZ自然の力で先制ラブリースターインパクトという夢のようなギミックを使いたくてパーティーを組んだことがあります。世界チャンピオンの使っていたギミックですね。このギミックの弱点は、いたずらごころはサイコフィールドや悪タイプに無効化される点です。他はリザなどに厚いめざ岩ガモスなどで弱点をカバーして組んでみました。これはいけると育成を終えたS8終盤、突然の威嚇ガオガエンの解禁が待っていました。それまではダブル21位、WCS13位に甘んじていた彼ですが、一瞬にしてトップをかっさらってしまいました。ついでに炎タイプのリザードンも激減。ことごとく潰され、散々な結果でした。環境に刺さっていないと選出しづらく、苦しくなってしまいます。

タイプや種族値的に苦手なポケモンを対策する

ここではポケモンを2~3体決めます。

さっき決めた2体が苦手とするポケモンの処理ルートを考えましょう。タイプの一貫だけでなく、高速アタッカーや高耐久のポケモンの処理ルートも同時に見ていきましょう。ここでは2通りの方法を紹介します。PGL上位などを見ながら、このポケモンには勝てないだろうなと判断していき、

  1. それらへの回答となるポケモンを数体引っ張ってきて用意する
  2. 裏選出を用意する

まず1ですが、メインの2体をバラバラに選出してもそれなりに動かせるのであればこちらをおすすめします。その方が選出の幅が広がり、戦いやすいかと思います。サイクルや対面に当てはまります。こいつが来たらこれを出せば大丈夫、というポケモンを選んでいきましょう。分からなかったら「○○対策」で調べてみましょう。

2の方は、メインの2体を切り離すとどうしても動かしずらい場合におすすめです。天候パやトリルに当てはまります。どうしても重そうなポケモンを対策できる裏選出を採用します。ポリクチで鋼が重かったら裏にリザY軸 +を入れるとかですね。

 

残りポケモンの決め方

ãã©ã°ã©ã¼ã¸ã§è©°ã¾ãªãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

残るは1~2枠となりました。今まで組んできたパーティーのバランスはどうでしょうか。気が付いたら鈍足ポケばかりだった、紙耐久ばかりだった...なんてことになっていたりしていませんか?ここではその不安を改善していくことにします。以下を参考に残る枠を埋めてみてください。

パーティーに欲しい要素チェックリスト
  1. 鋼枠
  2. 鋼枠を倒す方法
  3. 飛行タイプ
  4. 電気無効枠
  5. 高耐久(受けル)突破法
  6. S実数値191を抜くことができるポケモン2体以上
  7. 抜きエースへのストッパー
  8. 催眠対策
  9. 害悪対策

1,2鋼はフェアリー環境であるため必須です。環境トップメタである以上、明確なミミッキュ対策は複数体欲しいところです。それにともない、鋼枠をこちらも対策できている必要があります。f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144434g:plain  f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144547g:plain

 

3飛行タイプがいなければ、スカーフランドロスドリュウズ地震を撃たれているだけで負けてしまうのは明白です。必ず入れたいですね。  

相手のボルチェンが安定してしまうと有利対面を確保するのが難しくなり、危険なので地面などは欲しいです。  

受けルは1900あたりから突然増えます。対策さえ入れてしまえば基本的に勝てるので、美味しくレートをもらいたいですね。簡単な対策としては、隙を見て上手く積むことです。  

最速ゲッコウガのSラインです。今や何でもありのゲッコウガに上から動かれるとしんどいのでスカーフ、積み技で抜けるポケモン最低2体は用意しておくのをお勧めします。ãã¢ã¼ã´ã¨ã³ GIFãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

バシャが止まらない、ギャラが止まらないではお話にならないので、襷や化けの皮をいくらか入れておきましょう。積ませない立ち回りができるなら構いませんが...

催眠対策と言っても、名指しでカバガッサ対策と思ってくれても構いません。最近は脳死ふぁっさーしてこないことも多いので慎重に。対策してたら当たらないポケモンなんですけどね。  

.2000付近で現れるジャロゴーリや分身バシャに勝てるとストレスなく上がれたりします。吹き飛ばしや呪いで誤魔化すなどが有名な対策ですね。どうしても運ゲーには逆らえないこともありますが。  

 

持ち物を決定する

さて、決まった6体ですが、持ち物はどうすればいいの?となった場合、まず軸の2体の持ち物を確定します。あとはメガストーンとZクリスタルをそれぞれもたせて、襷、スカーフ、と重要そうなものから持たせていき、最後はきのみとか持たせたら良いでしょう。Zとメガはそれぞれ1個ずつが選出しやすくお勧めですが、両方の合計で3個ぐらいであれば許容範囲でしょう。

 

試運転する

勘違いしてほしくないのが、これでパーティーは完成ではありません。潜ってみて初めてきついポケモンがでてきたり、パーティーには入れているけど別に選出することがない、不要なポケモン、技がわかってきます。その不要な枠が本当に不要だと判断できたら、別のポケモンに変えましょう。あるいは、調整次第で使えるようになるのであれば、技や耐久をいじってあげましょう。ポケモンを変えると相手の選出パターンもまた変わってしまうので、極力中身だけで変える方が良いです。大切なのはこれの繰り返しです。この際どれだけレートが落ちたって気にしないでください。パーティーを改善しつつ、何度も戦っているうちにあなた自身が強くなっていくのですから。

 

過去の構築例

S7に使用した最高2004の私の構築をもとに、実際の構築例を見ていきましょう。

ちなみにS7はUSUMが発売されたばかりのシーズンです。

 

まず私が使いたかったのは、飛行Zギャラドスです。1舞飛行Zで殆どのポケモンを飛ばせ、不利対面に見えるため相手も引くことがそこまでないのも強いですね。

基本的に先発で出して相手の受けポケを誘いだし、ぶっ飛ばすことを念頭に置いていたので、初手対面高速電気タイプやメガメタグロスが非常に怖かった。そこでそれらへの引き先としてゴツメカバルドンを採用しました。

ここで2体決定しましたが、広範囲なギャラドスに裏選出は不要だと考え、補完枠で埋めていくこととしました。

ゲッコウガが怖かったのとカバルドンが明確に起点になってしまう鋼に強い炎枠として、スカーフヒートロトムを採用しました。トリック、寝言を搭載してある程度の催眠対策ともしています。キノガッサに身内をやられたんでしょうね。この3体でかなりのサイクル戦を制すことができました。

あとはミミッキュテテフアーゴヨンに強いチョッキツンデツンデを採用。カバの砂と組み合わせて固かったですが、不意の気合ボールがしんどかったです。画像は気合ボールを受けた時の顔ですね。

f:id:popocckoitazuragokoro:20180330155201p:plain

あとはガッサに出せ、ストッパーと削りができる身代わり呪いミミッキュ、残る1枠はしばらく迷走していましたが、最終的にポリゴン2グライオンヒードランなどが重かったこと、メガ枠が余っていたことから、なみのりを搭載した毒羽メガラティアスになりました。

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144434g:plain

ここまでで水の一貫がすごいですが、そこは割り切ってプレイングでカバーしました。このパーティーを見たら間違いなくレヒレが出てきます。1000試合ほど潜りましたが、被選出率は100%だったと思います。1000試合もしていれば相手が何をしてくるか嫌でもわかります。とにかくギャラのZを通すことを意識して立ち回ればレヒレにも大体勝てました。欠陥を把握してどう立ち回るのかをちゃんと考察できてこそ初めてパーティーが完成したと言えると私は思います。欠陥が多すぎるとどうしようもありませんが。

 

他人の構築を使う

完成されたパーティーを使う場合について少し触れたいと思います。使い方は2パターンあって、一つはQRパーティーでレンタルする方法、もう一つは構築記事を読んで調整を借りる方法です。

個人的にですが、QRパーティーはお勧めしません。型バレは即ち負けに直結しやすいです。ある程度までは進めてもいずれ止まってしまうと考えた方がいいです。無論、完全にQRがダメとは言っていません。例えば使ったことがないポケモンや並びの使用感をQRで確かめてみてから育成をするといった使い方はとても有効です。

構築記事を読んでほとんど真似をする場合は、まず完全に同じ個体を使うようにした方が良いです。その記事を書いた人にとっての完成形を素人が下手にいじっても悪化させることは目に見えています。そこから自分の使用感を踏まえて変更していくのは良いと思います。あとは、あまりに古い記事の調整を使うと環境の変化についていけない可能性があるのでそこは注意しましょう。

また、完全に真似しないにしても、面白そうな並びを見つけたときはパーティーに組みこめるよう頭の隅に置いておくとよいでしょう。

 

最後に

あくまで私の構築方法なので、これで絶対に上手くいくとは限りません。しかしこれだけは自信を持って言えます。一番大事なことは、対戦回数を重ねることです。とにかく戦って戦って戦いまくって、相手の行動パターンの絞り込み、ダメージ感覚を養いましょう。最初勝てなかった相手にも勝てるビジョンが見えてくるはずです。それでは良いポケモンライフを。

思考停止バトルツリースーパーシングル周回の秘訣

 

思考停止でバトルツリースーパーシングルを50連勝する方法を紹介します。

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327142803j:plain

 

バトルツリーとは?

バトルツリーとは、ポケモンSM,USUMにおけるバトル施設で、バトルタワーのようなものです。ストーリークリア後ポニ島の最奥に存在します。勝つとBPが貰え、育成や対戦に役立つアイテムや教え技が手に入ります。

バトルツリーを周回するメリットは?

  • BP(バトルポイント)が手に入る

勝つ度にBPが貰えます。BPはマンタインサーフの会場でポイントアップや教え技、ロイヤルドームでパワーアンクルやタウリン、バトルツリーでメガストーンや拘りスカーフなどのアイテムを購入する際必要となってきます。多くあって困ることはありません。ちなみに50連勝でレッドを倒すとその場でさらに50BPが手に入ります。

  • 連勝数ごとにアイテムが貰える

連勝が途絶えた次の日に、豪華なアイテムが貰えます。たくさん欲しいものは

10連勝でポイントアップ、30連勝で銀の王冠、40連勝でポイントマックスでしょうか。

40連勝を超えた時点で負けるか逃げるを選択すると、次の0:00以降にこれら全てが貰えます。(逃げるを選択する場合、50戦目のバトルレジェンドを倒してからの方がBPを貰えて効率が良いです

 ポイントアップの入手はこの他には一日一回のハウオリくじぐらいしかありません。

スーパーシングルを出すには

シングルを20連勝することで、スーパーシングルに挑戦することができるようになります。USUMではシングルでは相手のレベル50に対してこちらのポケモンのレベルは落ちません。レベルの暴力で勝ちましょう。

おすすめの攻略法

まずはおすすめの戦術を紹介します。あくまでも50連勝程度を周回する場合ですが、高火力アタッカーで上からボコボコに倒す。これにつきます。相手の技を受けて追加効果を受けてしまうと、確率で動けなくなってしまい負けてしまうことがあります。そこで相手の攻撃を極力受けないで確実に仕留めていくのが良いでしょう。

 

おすすめポケモン

カプ・テテフエスパーZ

おくびょうCS

サイコキネシス ムーンフォース きあいだま シャドーボール

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144344g:plain

私の一推し、Zカプ・テテフです。サイコフィールド下の高火力は並大抵のポケモンでは受けきれません。おいおいさっき上からボコボコにするって言ったのにS95だと不安では?と思った方もいるかもしれません。しかしバトルツリーで出てくる相手は中速で少し耐久のあるポケモンが多いです。それらを上から確実にワンパンできるこのカプ・テテフはとても心強いのです。

 

メガリザードンX

いじっぱりAS

りゅうのまい フレアドライブ げきりん じしん

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144414g:plain

舞って高火力を押し付けられます。NPCリザードンのタイプが変わるのを知らないので、間違っても地面技を撃ってきません。安心して舞いましょう。前述のカプ・テテフが苦手とする鋼タイプを起点にできるので相性抜群です。

 

ミミッキュミミッキュZ

いじっぱりHBベース、残りA

つるぎのまい シャドークロー じゃれつく かげうち

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144434g:plain

偉い人が言ってた。とりあえずなんやかんやできそうなミミッキュ。単純にASでも構いません。

 

フェローチェ@気合の襷

やんちゃAS

けたぐり れいとうビーム どくづき とんぼがえり

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144455g:plain

倒すと強くなるビースティングブースティング。膝は外すしけたぐりで十分だと思います。どくづきよりドリルライナーのほうが使う機会多いかも。特殊型も強いです。

 

カミツルギ@気合の襷

ようきAS

おいかぜ リーフブレード せいなるつるぎ はたきおとす

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144522g:plain

リーフブレードが強すぎる。スマホは無くても問題ないと思います。

 

テッカグヤ@バンジのみor岩Z

いじっぱりAS

ニトロチャージ じしん いわなだれ ヘビーボンバー

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144547g:plain

いわゆる龍舞テッカグヤです。ニトチャ一回で100族は抜けます。

 

ゲンガー@気合の襷

おくびょうCS

シャドーボール ヘドロばくだん みちづれ 10まんボルト

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144622g:plain

2回殴って倒してみちづれで二体目にまで手を出しちゃう子。

 

メガガルーラ

いじっぱりAS

すてみタックル グロウパンチ じしん ほのおのパンチ

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144638g:plain

グロウパンチはXYでの技マシンのみで覚えられます。

 

ガブリアス@気合の襷、地面z、ドラゴンZ、拘りスカーフ

ようきAS

じしん がんせきふうじ げきりん つるぎのまい

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144706g:plain

つよい。

 

ムクホークこだわりスカーフ

ようきHS

いのちがけ ブレイブバード インファイト とんぼがえり

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144725g:plain

HP85(実数値192)以下のポケモンを問答無用のいのちがけで1-1交換、スムーズに駆け上がることができる。

格闘技であるためゴーストタイプには滅法弱いのが難点。

 

アギルダー@サイコシードなど

いのちがけ はたきおとす バトンタッチ どくびし

f:id:popocckoitazuragokoro:20180327144744g:plain

S145特性かるわざ。HP80(実数値187)以下のポケモンをいのちがけで落とせる。残りの技は起点作りにはもってこいだが遺伝技なので少し手間。ダブルバトルでは有能ポケ。

 

構築の組み方

構築といっても、3体なのでどうしても穴ができてしまうのは仕方ありません。対面構築の基本である襷+メガ+Zが一番パワーが出るのでそれに近い形を目指すと良いでしょう。一体目は広範囲に暴れられるポケモン、二体目にはその補完となりうるポケモン、最後にストッパーとなるポケモンで組むのが楽です。

QRパーティー

私がよく使っているテテフリザミミッキュです。

テテフで暴れて鋼はリザで起点にして最後はミミッキュでしめます。ノーマルタイプ等にはエスパーZを切って倒しましょう。鋼タイプの相手は割り切ってミミッキュのためにZを温存するようにしましょう。

3ds.pokemon-gl.com

 

それでは。ありがとうございました。